×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊達市市議会議員 佐々木彰さまより 情報を頂きました。
 
★ 伊達市の現状

★ 放射能について

 掛田地区(ボス出身の地名、ちなみも佐々木さんも)は、

  ● 今年のコメの作付は規制がかかり、試験栽培のみとなっています。
     (福島市の一部も昨年の新米が出荷停止になりました)

    キノコ類は依然出荷規制、

    イチゴは順調、キュウリもこれからですが大丈夫そうです。

    モモ、リンゴ、カキなどの果樹については樹木の除染を行い、作業は継続中(おそらく大丈夫)。

  ● 健康管理については、外部被ばく調査で、

    中学生以下は全員がガラスバッチという 積算線量計を着用し、内部被ばくについては

    ホールボディーカウンターというもので年に一回程度計測をして います。

    このほかに甲状腺検査も年に一回行われています。

 ◆ こんなわけで風評被害もあって、実害がないものまで農作物が買いたたかれたり

   売れなかったりが続いているので、協力していただけるという言葉には感謝いたします。

 ◆ 義援金の現状

   今まで義援金を受給した人は、

   住家が全壊、半壊した世帯、また放射能により特定避難勧奨地点を抱える大字に住む市民と

      なっております。 義援金の配分についても、市民全員に分配という考えもありましたが、

   そうすると一人当たりの金額が大変少なくなってしまうため、上記の取り決めとなりました。

★ 佐々木彰さまの紹介

彰さんの
写真

  現在、伊達市市議会議員で、ぷ〜ボスの小学校、中学校の2学年先輩です。

 妹さんとは、小学校、中学校ともに同級生でした。

 そして、ボスの亡き父と、彰さんのお父様も同級生という不思議な縁があり、

 若いときは、同じソフトボールのチームで頑張っていた仲です。

 お互い自営業ということや、地区の仕事で、いろいろ交流があったようです。

 


以上、佐々木彰さまより、

  「現状では、(大きい都市ではないので)放射能対策や、現状への復活への対応に追われている状況で、
   特産物を紹介させていただく、という体制にはなっていません。 ただ、実際に被害のないものもありますので、
   下記リンク先などから、支援をいただければ幸いです。 先が見え次第、復興支援イベントなどできることを
   していきたいと考えています。 今後とも、よろしくお願い致します。」



 〜リンク〜

  ★ 福島りょうぜん漬け様の ネット販売ページ ぷ〜ボスが福島に帰ったときに、お土産に買ってくる伊達市の名産品でっす。

  ★ 伊達市の農産物情報サイト

  ★ 伊達市の観光情報ポータブルサイト

  

アクアバディズ・トップページへ戻る